お知らせ

~吉次郎狂言会から最新情報をお届けします。~

 

柏の葉フェス2016は、「まちのみんなの活動が発表できる場が欲しい!」と思った住民有志が立ち上げた、住民による手作りの『文化祭』です。歌うひと、踊るひと、絵を描く人、写真を撮る人、そして見る人、応援する人。みんなが主役となって、この街をもっとワクワクする楽しい街にしましょう!(HPより転載)

「カシワノハフェス」に大藏教義が「狂言LABO」で参加します!他にも様々なイベントが予定されているようです。ぜひお子様とのご参加をお待ちしております!

 

●詳細は「カシワノハフェス」ホームページ http://khfes.com/


イベント
公演日:2016年11月25日(金)

第15回 吉左右会のご案内

 

おかげさまで15周年!

大藏吉次郎芸歴60周年!教義芸歴30周年!!

今年も自主公演「吉左右会(きっそうかい)」を催します!

今年も皆様に笑って楽しめる演目を並べました!テーマは「チャンスはピンチ!!」どんな危機的状況に追い込まれても、知恵と勇気と実行力で切り抜ける各登場人物の姿をご覧ください!!私たちと一緒に楽しい時間を過ごしましょう!皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

平成28年11月25日(金) 18:30開演 渋谷セルリアンタワー能楽堂

 

 

 

詳しくはこちら »


 

子どもと舞台芸術ー出会いのフォーラムに参加し、狂言のワークショップと公演(パフォーマンス)を行います!ワークショップでは、扇子作りや着付けを体験するほか、狂言を鑑賞して実技体験などできちゃうプログラム!公演では、お伽話のような物語『伯母が酒』と『蟹山伏』を上演します!
お子様目線で考えた内容ですので、楽しんでもらえる事マチガイなし!!親子での参加をお待ちしております☆

 


 

ワークショップ「わくわく!どきどき!狂言にふれてみよう!」 
7月28日(木)  10:00~11:50
7月29日(金)  10:30~12:30 
場 所/国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟3階
参加費/体験パスポート(1日券)300円(大人こども同額) 予約不要
    当日カルチャー棟3階の受付にて「体験パスポート」をご購入下さい。
内 容/狂言について説明/狂言「盆山」の上演/クイズ!「これなんだ?」登場人物紹介
    体験「狂言師」を目指せ!! (構え・すり足・セリフを体験!) 
    「太郎冠者」と「いちゃ」に変身/扇子をつくってみよう!
レクチャー/大藏教義・上田圭輔 


 

公演『伯母が酒』『蟹山伏』
日 時/7月29日(金) 17:30~18:30
場 所/国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール (渋谷区代々木神園町3-1)
参加費/2,000円(お一人さま) 当日2,500円(お一人さま)
    ・お申し込み方法/子どもと舞台芸術-出会いのフォーラム2016のホームページ

     チケット」ページよりお申込みをお願いします。
     チケット申込ページ ⇒ http://kodomotobutai.easy-myshop.jp/
     ※ 事前振込を確認後、チケットを郵送させていただきます。
・お問い合わせ/TEL 03-3351-2131

        子どもと舞台芸術-出会いのフォーラム実行委員会
・主催/子どもと舞台芸術ー出会いのフォーラム実行委員会
・企画/大藏流吉次郎狂言会


イベント
公演日:2016年5月29日(日)

第17回吉次郎狂言会を開催します!

 

 

 

 

 

第17回吉次郎狂言会

~初世大藏吉次郎十三回忌追善公演~

祝・大藏教義『花子』披き!!

 

平成28年5月29日(日) 午後2時開演

国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)

「二千石」大藏彌右衛門 ほか

「泣尼」善竹忠一郎 ほか

「花子」大藏教義・善竹十郎 ほか

「禰宜山伏」大藏吉次郎 ほか

 

●チケット(全席指定)

A席正面  8,000円(7,000円)

B席脇正面 6,000円(5,000円)

C席中正面 4,500円(4,000円)

学生席   3,500円(3,000円)

ペアチケット 各種1,000円引き

 

●お問い合せ/大藏流吉次郎狂言会事務局

03-3329-1835

info@kichijirou-kyougenkai.jp

 

 

 

 

 


 ご挨拶

例年の如く5月に自主公演「吉次郎狂言会」を開催致します。

これもひとえに皆様のご後援の賜物と存じ厚く御礼申し上げます。

本年は亡き父、第24世大藏彌右衛門虎智(初世大藏吉次郎)の13回忌にあたります。

私の兄である大藏彌右衛門に『二千石』を、善竹家当主善竹忠一郎師に『泣尼』をお願い致し

長男教義には、日頃よりお世話になっております善竹十郎師のお相手で大曲『花子』を披かせて

頂く事に致しました。ぜひともご来会頂きたくご案内申し上げます。

2世 大藏吉次郎

 

詳細は▼

詳しくはこちら »


イベント
公演日:2015年10月11日(日)

「狂言LABOin能楽堂」開催のお知らせ

こんにちは!大藏教義です。私自身が手掛ける自主企画「狂言LABO」を、いよいよ能楽堂で開催いたします!
2013年にスタートした狂言LABO。狂言をもっと多くの方に知ってほしい!そして一緒に楽しみたい!そんな思いで立ち上げたこの企画。
 狂言を観たことがない方に気軽に楽しんでいただこうと、イベントスペース、小劇場、映画館、大学の公開講座などの能楽堂以外の場所で開催してきました。その内容は「鑑賞の仕方」「装束」「面」「謡・舞・語り」「謡とリズム」など毎回テーマを決めてレクチャーをし、実際に狂言の演目を上演するというスタイルです。
そして今回、ずばり「能楽堂」をテーマにレクチャーをして、まだ能楽堂に行ったことがない方をナビゲートします。このイベントが皆さんの生活と狂言と繋げる橋渡しになれば嬉しいです!もちろん、狂言ファンの方々にも楽しんでいただけるプログラムとなっています。ぜひ、みなさまお誘い合わせの上、ご参加ください。

 

 


 

 

 

 【時間】 開場 13:00    開演 14:00   終演 16:00(予定)

 

 【チケット】(全席自由席) 

    前売り 当日
 一般   5,000円    5,500円 
 小~大学生  2,500円   3,000円
 一般ペア  7,000円  7,500円
 親子ペア  9,000円   9,500円

 

 【お申し込み方法①】

お電話・ファックス・メールでお申し込みの場合は

下記の内容を記入いただき連絡先にお送りください。

 ①お名前 ②ご住所 ③電話番号 ④チケットの枚数 ⑤10/11狂言LABOをご記入

(電話)080-2554-9679(大藏吉次郎家後援会)

(FAX)03-3329-5511 (大藏流吉次郎狂言会)

(Email)labo@kichijirou-kyougenkai.jp (狂言LABO専用メール)

※チケットは直接お渡しするか、当日受付での清算となります。

 

 【お申し込み方法②】

チケット販売代行サービスでお申し込みの場合は

下記のサイトのどちらかをお選びいただきお手続きお願いいたします。

<peatix> kyogenlabo151011.peatix.com

<カンフェティ> http://www.confetti-web.com/(狂言LABOで検索)

 

 

 【プログラム】

■挨拶・レクチャー「能舞台のカラクリについて」/大藏教義

能・狂言は能舞台という専用舞台で上演されることが多いです。東京10か所にある能楽堂も意外と?所在を知らない方も多いですね。総ヒノキ造り・簡素な作りながら日本の建築技術の粋を集めた舞台は、日常と隔たれた神聖な場所であります。この素晴らしい舞台をもっと皆さんの身近な存在になるようにレクチャーします!

 

■狂言【金藤左衛門(きんとうざえもん)】

シテ[金藤左衛門]/大藏 吉次郎  アド[女]/榎本 元

 山立(やまだち=山賊)の金藤左衛門が山道を歩いていると、1人の女性に出会います。彼は手に持った長刀でその女性を脅し、荷物をすっかり奪ってしまいます。自分の妻にプレゼントしたら喜ぶだろうと、その荷物を物色している隙に、長刀を女性に奪われてしまいます!さあ、形勢逆転!!せっかく奪った荷物はもちろん、彼が着ている着物や刀まで奪われ、女は逃走してしまう始末…。
 一人残った金藤左衛門は、「人に物を施せば、かならず自分に幸せが返ってくるだろう」と、最後は笑って帰ろうとしますが、なんだか悲しい笑い声が山中に響き渡ります。
 一見、豪快で強そうな男の悲哀がおかしい狂言です。また、最後の笑って帰る場面は、通常の笑う演技とは異なり、とっても悲しい「大笑い」。これも見どころの一つです。

 

■レクチャー「現代社会にも通じる狂言の教え」/大藏吉次郎

 

■狂言【蝸牛(かぎゅう)】 

シテ[山伏]/大藏 教義、アド[主]/宮本 昇、小アド[太郎冠者]/上田 圭輔

祖父の延命長寿のために蝸牛(カタツムリ)をプレゼントしたいと考えている主人は、太郎冠者に取って来るように言いつけますが、太郎冠者は蝸牛を知りません。特徴だけ聞いて藪へ探しに行きますが、そこで出会った山伏は、教えられた蝸牛の特徴と一致していたので太郎冠者は山伏を蝸牛だと思い込んでしまいます。
山伏は太郎冠者をからかってやろうと、囃子物を教えながら主人の元へと向かいます。主人が駆け付けるとまんまと山伏と一緒に戯れる太郎冠者。主人がたしなめると一瞬我に返りますが、囃子物のリズムにすぐに我を忘れて謡ってしまいます。ついには主人まで引き込まれ…。
ついついのせられる面白さが楽しい演目。戯れのシーンは微笑ましくもあります。我慢をしていても、誰もが笑ってしまう大の人気曲。

 

【過去の狂言LABO参加者の感想】
”敷居が高い感じがしているが、そうではないことがわかった!奥が深い”
 ”もやもやーっと興味がずっとあった伝統芸能が、親しみのある同世代の狂言師さんの語り口で、ほんとにぐっと近くなりました。”
 ”単純に視覚的に捉えるだけの美ではなく、心の中に広がる深い「美」を感じました。情景を、ストーリーを、想像する。だから感じ方も笑うポイントも人それぞれ。”
 ”意味もわからないのかなって思ってたけど違った!ストーリーもオチもわかったよ。”

 

【お願い】
レクチャーの時は写真撮影OKです。どんどんシェアしてください。ただし 狂言の上演中はお客様の鑑賞の妨げになりますので、写真撮影はご遠慮ください。

 

【関連リンク】

 <狂言LABO>
Facebookページ https://www.facebook.com/kyogenlabo
 Twitter https://twitter.com/KGLABO
過去の様子 https://youtu.be/f_qAs1gebWM

<大藏教義>
ブログ http://ohnori.blog52.fc2.com/
吉次郎狂言会 http://kichijirou-kyougenkai.jp/