お知らせ

~吉次郎狂言会から最新情報をお届けします。~

04/06(土) 11:00 阿佐ヶ谷神明宮奉納狂言

阿佐ヶ谷神明宮(杉並区 阿佐谷北1-25−5 )(03-3330-4824)

※門下車中による狂言奉納です。  ※鑑賞無料

 

小舞【放下僧】大藏吉次郎

狂言【鴈礫】尾板英子・山本吉鎌・上田圭輔

狂言【痿痢】田原慎一郎・上田圭輔

小舞【盃】森下昌記

小舞【 盃】黛りんたろう

小舞【七つに成子】栗山 清

小舞【猿聟】市川伸一

小舞【鐘の音】櫻井あゆみ

小舞【祐善】原 由来恵

小舞【 鮒】渡邊 香織

小舞【楽阿弥】田中マリア

狂言【痿痢】宮澤燿介・大藏教義

狂言【飛越】小山滋子・高橋美紀子

狂言【太刀奪】大藏教義・榎本 元・宮本 昇

 (午後1時15分頃終了)

 

●主催/大藏流吉次郎狂言会  大藏吉次郎

 

詳しくはこちら »


03/08(金) 下田薪能 17時開場 18時開演

武ガ浜特設会場(イベントスペース)

※荒天の場合、会場は下田市民文化会館に変更。

 

狂言【棒縛】大藏千太郎・大藏教義・吉田信海

能【船弁慶】シテ/山井綱雄 アイ/大藏基誠

 

●チケット2,000円

●チケットお問い合わせ

チケットぴあ Pコード426-436

●公演に関するお問い合わせ

下田市教育委員会 0558(23)5055

 

詳しくはこちら »


 

2/2(日) 大藏会 午後2時開演(午後1時開場)

十四世喜多六平太記念能楽堂(東京都品川区上大崎4-6-9)(03-3491-8813)

 

【鼻取相撲】 (大名)大藏教義 (太郎冠者)宮本昇 (新参の者)善竹大二郎

【伯母ケ酒】 (太郎)大藏千太郎 (伯母)大藏彌太郎

【小舞 鵜飼】 茂山良暢

【止動方角】 (太郎冠者)大藏基誠 (主人)善竹富太郎 (伯父)大藏吉次郎 (馬)吉田信海

終了予定 午後4時15分頃

 

 ◆チケット

一般 5,000円

 学生 3,000円

※お座席はご指定できません。先着順に正面席よりこちらで割り振りさせていただきます。ご了承くださいませ。

 

●お問い合せは大藏会事務局

03-3920-8717

大藏千太郎公式WEB sentarou.jp からでもお申し込み頂けます。

 

 


 

2/6(火) 19:15頃 狂言Labo 大藏教義企画レクチャーイベント

HUB TOKYO

COMING SOON…

 


 

2/8(土) 二木屋節分狂言

会席料理:二木屋 (埼玉県さいたま市中央区大戸4-14-2)(048-825-4777)

12:00の部/19:10の部

 

【惣八】大藏吉次郎・大藏教義・宮本昇・榎本元・上田圭輔

 

※お食事つきの催しになります。

※お昼はお食事後の鑑賞、夜はお食事前の鑑賞です。

詳細は「二木屋」 http://www.nikiya.co.jp

 


 

2/11(火) 茨城公演
狂言【狐塚(小唄入)】大藏教義・小梶直人・大藏千太郎
狂言【伯母ケ酒】大藏千太郎・大藏彌太郎

 


 

2/16(日) 式能 国立能楽堂

2部/14:50~

 

狂言【長光】大藏彌太郎・善竹富太郎・大藏千太郎
能【黒塚】アイ/大藏教義

 

☎チケットスペース  03-3234-9999

詳細は「能楽協会」http://www.nohgaku.or.jp


イベント
公演日:2011年12月23日(祝)

狂言教室アマチュア発表会「吉祥会」

本日お越し下さいました皆さま、誠に有難う御座いました。

出演者の目標に向って稽古する姿や、当日舞台上での真剣な眼差し。振り返って反省は多くあるようですが、何よりも「楽しく」演じ、失敗しても「笑える」心のゆとりに文化の良さを感じます。一生懸命稽古した先にある喜び。終演後のホッとした姿に私達も。思わず笑みがこぼれます。お疲れさまでした。

また、お稽古したい方、大募集です!

 

この度、狂言教室の発表会があります。

皆さんアマチュアの方々ですが、稽古に励み、難しい演目にチャレンジされています。

今はもう仕上げの時期。発表会に向けてラストスパートです!

師走のお忙しい時期と存じますが、皆様ぜひお越し下さいますようご案内申し上げます。

狂言の笑いをもって年を越しましょう!

 

 ■とき:平成23年12月23日(祝)

 ■時間:12:30開演

 ■場所:国立能楽堂2F研修舞台(JR千駄ヶ谷駅) 詳しくはこちら »


イベント
公演日:平成23年11月27日(日)

二松学舎大学「第32回 自演会」

皆さまの温かいご声援のもと、無事に終わりました。

クラブの学生達は、学生とは思えないほど上手に演じていました。

若者達に「文化に触れる」機会をもてるよう、今後とも応援よろしくお願いします。


吉次郎先生が指導されている二松学舎大学狂言研究会も、発足して五十余年。

先輩から受け継いだ「情熱」と「若さ」をもって今年も学生たちの熱い舞台が始まります!

大藏流吉次郎狂言会(吉次郎家一門)は、この「自演会」を全面バックアップします!

ぜひ、この若さ溢れる狂言をご覧ください!

 ■と き:平成23年11月27日(日)

■場 所:国立能楽堂2F研修舞台